ダメラボ

ダメなおっさんが色々と妄想していますよ

2019-05-14から1日間の記事一覧

【流人道中記】名作の予感しかしない:浅田次郎が書く読売新聞の連載小説が面白い

新聞小説にハマったのはこの作品が初めてかもしれない。それくらい夢中になって読んでいる作品。幕末、蝦夷を目指す二人の侍の物語。二人は旅をしながら様々な出会いや事件に巻き込まれてしまう。法と礼、二つの狭間で葛藤を繰り返す若き侍、乙次郎。飄々と…

ブログランキング・にほんブログ村へ