ダメラボ

ダメなおっさんが色々と妄想していますよ

痴女(仮)に嫌がらせされて酷い目に遭った話:不思議な体験?

スポンサーリンク

 f:id:imbroke:20190819230619j:plain

5月に新宿区のマンションでホストが腹部を刺されるという事件がありました

容疑者は21歳の若い娘です

彼女が血まみれの被害者の傍で煙草を吸っている映像が出回ったので知っている人も多いのではないでしょうか

 

f:id:imbroke:20190819224929j:plain

警察に連行される時、薄っすらと笑みを浮かべていた高岡容疑者。その様子はかなりのサイコぶりでしたが、可愛い顔をしてたので事件のことはよく覚えています

 

今日はお客さんとの会話で、その事件が話題になりました

 

被害者である20歳の青年がホストの仕事に復帰したらしい

お客さんはネットで知ったらしく詳細を教えてくれました

 

「あれだけ重症を負ったのに犯人のことを『恨んでない』らしいわよ」

「へえ、そりゃ優しい。さすがホスト」

「不謹慎だけど、名前も売れたし女に刺されたなんてホストの甲斐性ってことで人気者になるんじゃないの」

「ふーんそういうものなんですか……」

 

ホストにしてみれば刺されるほど女にいれ込ませた、つまりステータスになるってことらしい

 

言われてみればそうかも

 

ホストでなくてもドンファン的な女たらしに憧れる人はいるんじゃないかな

「俺っちワルだぜ。今までに何人の女を泣かせたことか」

少なくとも自分はちょっと憧れるぜ

 

思い返せば自分も10代の頃、見栄はって首にキスマークをつけてました

 

もちろん自分でつねって

 

首をヒリヒリさせながらこれ見よがしに学校でうろつくの

食堂でグダを巻いてる友人を見つけては用もなく首を振る

 

でも友人たちは

「あれえ、それってキスマークじゃないの? やらしいなあ」

とは言わない。絶対に気づいてる癖に

 

ちなみ首にキスマークをつけてたのは私だけじゃありません

 

たぶん本物は1人もいなかったと思う

 

そんな姿で互いに牽制しあうわけですよ

「あれ、お前なんか首が赤いよ。蚊に刺された?」

「え……ま、まあ…そんな所かな」

 

どんな所だよ

 

今思えば不思議なんですけど誰も「彼女ができた」と嘘はつかないんですよね

あくまで遠まわしに臭い芝居をしてるだけ。こういう所がモテないんでしょうね

 

私なんてもっとそれっぽい跡をつけようと腐心してましたよ

自分で首にキスはできないので、ホースを使えばどうにかなるんじゃないかとビニールホースを短く切ってチュウチュウ吸ってました

 

何も知らない人が見たら本気で心配される姿だったと思う

 

どうして努力する方向を間違えちゃったんだろう。こういう所は今も変わってないですね。このブログだって金儲けでやってるのに方向性が明らかにズレてますからね

まあいいけど

 

それからしばらくして

 

そんなバカなことばかりしてたからバチが当たったんでしょう。私は不可解な出来事に巻き込まれてしまいました

 

不思議なゴミ

今でもはっきり覚えています、19歳の時です。当時の私はマニュアル仕様のボロい軽自動車を所有してました

 

f:id:imbroke:20190820020155j:plain

昼過ぎ、徹夜で遊んだ私は駐車場まで戻ってきました。自宅の近くに借りた月極の駐車場です。20台ほど収容できる広さ

この駐車場は安い割にアスファルトで綺麗に整備されているのです

 

駐車スペースは余裕をもって白い線で区切られ、車止めのブロックも設置してあり、ネームプレートには大きく名前が印刷されているという立派な作り

 

「ん? なんだあれ……」

いつものように駐車しようとしたんですけど、不審な物が目に入りました

 

駐車スペースのど真ん中に黒いビニール袋が置いてあったんですよ。袋の大きさはコンビニの弁当を3つ買った時に使うサイズくらいでしょうか

 

袋の手前で車を止めました

 

嫌な予感しかしません

袋は風に吹かれてもしっかりと鎮座してます。つまり中に何か入ってる。真っ黒なビニール袋から連想するのはトイレの汚物入れ

ということはウンコとか入っててもおかしくない

 

しかもですよ、明らかに私のスペースに意識して置いた雰囲気がある

 

まるで絶対に気づかせてやると言わんばかりに綺麗に真ん中に置かれています

私の名前がでかでかと書かれたスペースに。つまりそういうことでしょう

 

きっちりと測ったように中心に置かれた袋はペンタグラムちっくで邪悪で猟奇的な感じしかしません

ウンコならまだしも動物の死体とか入っててもおかしくない様子でした

 

ああ、絶対にヤバいやつだこれ

 

恐らく嫌がらせ、それもタチの悪いタイプの

見なかったことにしたいのですが、いずれにしても放置するわけにはいかない。処分しなきゃ

 

車を降りました。恐る恐る近寄ります

チキンなのですでに動悸がしてました

 

袋は強風に吹かれてガサガサと音を立ててます。それでも飛ばない。中身は重量がありそうです。これはいよいよ……

 

中身を見ないようにして何処かに捨てよう

 

私は顔を背けたまま袋の端を摘まみ上げました。げっ、重い

 

しかも片手で摘まんでいたので、風が吹いた拍子に袋が捲れて内容物の上端が顔を出してしまう

 

ひっ!?

 

心臓が口から飛び出るとはこのこと。私はそれを見て、驚きすぎて袋を落としてしまいました。いや、投げつけました

それくらい触りたくないものだったからです

 

見えたのは茶色い樹脂製の男性器、透明なプラスチックのケースに入ってます。いわゆるディルドというアダルトグッズです

中身をぶちまけた地面には他にも『ミスタージゴロ』とパッケージされたバイブや和風な柄の円錐形の容器

他にも袋の底に何か入ってる感じです

 

え、なんで・・・?

 

パニックで思考が停止しましたよ。緊張と混乱で意識が飛びそう

自分の想像の斜め上をいってましたからね。最悪動物の死体だと思ってたのに女性用のエログッズって……

 

呆然となってました

 

ああいう時って人間は本当に立ち尽くすんですね

ちなみに当時の私はアダルトグッズの実物をみたことがありませんでした。初体験ですよ。だから余計にショックが大きかった

 

け、け、け、警察に電話

 

震える手で携帯電話を取り出しましたが、ちょっと素に戻る

 

……これって犯罪だっけ?

 

嫌がらせには違いないけど、お巡りさんを呼ぶほどでもないような……

 

しかもですよ、この道具ってすべて女性用ですよね

 

つまり犯人は女性? 男がわざわざこんなことするかな

汚い話なんですけど、グッズは全て使用感があります。ディルドはちょっとくたびれてたし、ミスタージゴロは使った後にわざわざ箱に戻した形跡がある

女性か……もしかして痴女?

 

なんか……エロいな

 

と、とりあえず放置するわけにはいきません。ほったらかしにしておけば近隣の住民にあらぬ疑いをかけられてしまう

 

私は急いでエログッズをかき集めると自宅へダッシュしました

 

不可解すぎるブツ

「うーん、訳がわからん……」

 

 自室に座り込んだ私は途方に暮れてました。すでに中身のチェックは終わっています

とてもじゃないけど目の前の現実を処理できません

 

まずですね、プラスチックのケースに入ったディルド

ケースには黒マジックで『はるか』と書いてありました。しかも字がへたくそ

 

つまりこの下劣なお道具の持ち主ははるかちゃんという子らしい

しかし小学生の筆箱じゃあるまいし自分の名前を書くか?

まあいいや

 

ミスタージゴロはバイブです。試運転してみたらグリグリ動きました。でも電池がすぐに切れたのでコンビニで新しいのを買って入れ替えました

再び動かすと

 

充電したての髭剃りみたいに動き始めましたよ

 

これに関しては特筆すべき点はなし。持ち主の名前は無し、はるかちゃんかな?

 

問題はこれ以外のアイテムです

まず、和柄の円錐形の容器、材質はアルミ缶でした。蓋を開けたら中には

 

お茶の葉が入ってました

 

未使用です。容器の半分まで入ってます。結構な量です。ダメなハーブの類ではありません。米を炒った茶色い粒が入ってるので玄米茶かな

 

念のためにひっくり返して中身を全て調べましたが怪しい物は入ってません

 

むしろこの状況だから玄米茶が入ってる方が異常な気がします。マリファナが入ってたほうが納得できる

 

なぜにお茶?

 

そしてもう一つ、袋の底にあったのは

 

味海苔でした

 

長方形にカットされて数枚ずつ小分けされたやつです。それが6つ入ってました

f:id:imbroke:20190820013703j:plain

 

意味不明ですよ

 

これってどういうメッセージですかね

 

考えてみる

 親切な人の差し入れ? お茶を飲みながら味海苔でも摘まんでくださいって? 

誰が? はるかちゃん?

 

それならなんでディルドとミスターまでくれるのさ? これって女子用でしょ。しかも使い古しだし

 

いや、あえて使い古しをプレゼントしてくれたのかも? なぜ? それは……

 

俺に惚れたから

 

うーん、考えれば考えるほどそうとしか思えない。

はるかちゃんなんて子は知らんけど、どこかで私を見かけて一目惚れした可能性は多いにある。恋すると常軌を逸した行動を起こすことがありますからね

 

「おじゃまします~」

 

床で胡坐をかいてうんうん唸ってたら友人がやって来ましたよ

私が呼びました

このふざけた状況が受け止めきれなくて、とりあえず呼んでみました。ネタとしても面白いし

濡れ衣

私はあらましを話しました

 

「へえ……」

 

友人は私の話よりもディルドとミスターに釘づけでした。恐らく彼もこの手のグッズを見るのは初めてだったのでしょう。ちなみにこいつも首に赤い偽紋章をつけた童貞ですよ

 

「ーーというわけだ。イカれた世界にようこそ」

「……ふーん」

 

話を聞き終えると、ミスタージゴロのスイッチを入れたり切ったりする友

そしてヘラヘラした顔で小汚いバイブを眺めて口を開く

 

「なあ山口……ぶっちゃけさあ、盛ってるだろ?」

友人はちょっと呆れた口調でそう言いました

「 正直に言えよ。誰にも言わんからさ」

 

ポカンとする私

「……はい? ……えっと、どういう意味だ」

 

友人はやれやれとため息をひとつ吐く

 「だから架空の女に嫌がらせを受けてるって演出だろ、これ。前に遊んだ女から恨みでも買いましたって設定か? モテるアピールだよな。まさかお前がここまでするとは……」

 

なんだとこのタコ助

 

狂ったいたずらで混乱してる時になんたる追い打ち。心底イラっとしましたよ

 

「オイこら、聞き捨てならんぞ。それじゃなにか、俺がそのいかがわしい玩具を自分で用意したとでも言う気か。だったらその使い古した感はどうやって出すんだよ。かなり使い込んでるぞ、業物だぞ」

 

「使用感なんてどうにでもなるだろ。お前だったら自分で使ってでも使用感をーー」

 

このド畜生。なんつーことを言いやがる

 

「おおお、おう、言ってくれるやないけ。お、お茶と海苔はどういう……」

「お茶と海苔? カムフラージュだろ」

 

何もカムフラージュできてねえよ

 

この男は全てをパフォーマンスだと言い張ってますよ。『はるか』に至っては私が筆跡を誤魔化すために左手で書いたと迷推理を披露してくれました

 

「だいたい俺がそんなことをするメリットがないだろうが」

 

「メリット? 首にキスマークを偽造する見栄っ張りならそれくらいやるだろ普通に。俺が気づいてないとでも思ってるのかよ、舐めんな」

 

言いやがったな、それを言うならテメーもだろうが。こっちだってお前が小さなキスマークを作ろうと爪を伸ばしてるのを知ってんだぞ

 

頭に来た私はむっつりスケベなこの男がコンニャクを買う時にダミーでネギも一緒に買ってることを暴露してやりましたよ。こっちだって何でもお見通しですよ

ついでに貸してたエロビデオがフィニッシュのシーンで停止したまま戻ってきたことも言及

「ちゃんと巻き戻して返せこのバカ。こっちはお前のイッたシーンなんて知りたくないんだよ」

 

「なッ!?」

 

顔を真っ赤にした友人が激怒

 

モテない童貞同士で泥沼の口喧嘩ですよ

 

まとめ

結局、謎のアダルトグッズに関しては強引に結論を出しました

開き直った私は

『はるかちゃんというまだ見ぬ女子が俺に惚れて送りつけたラブ道具』

と断定

友人は

『見栄を張り過ぎて錯乱した山口(私)がエアーセフレを作り出して大騒ぎ』

と断定

大学で言いふらされたのです

腹が立つことに私の話よりも友人の話の方が面白がられて広がる始末

 

特に海苔とお茶というシュール過ぎるアイテムが受けたようです。しかも『はるか』という架空の恋人を作ってディルドに書き込む病的さが良いスパイスになりました

 

ふざけんなですよ。完全なる冤罪。ガリレオの気持ちが大いにわかりました

 

私がディルドとバイブをこっそり買って、味海苔とお茶の葉を仕込んで暗い工作に勤しむ姿を想像してみんなゲラゲラ笑ってましたよ

 

はるかちゃんの悪戯はそれっきりでした。音沙汰無し

 

まったくもって意味のわからない出来事でした

 

ブログランキング・にほんブログ村へ