ダメラボ

ダメなおっさんが色々と妄想していますよ

催眠術にかかる方法がわかってしまった。コツは簡単なので教えます。ついでに役立つ方法を考えてみた

スポンサーリンク

f:id:imbroke:20191012220041j:plain

あなたはだんだん眠くなーる。ほーれ五円玉プラプーラ

 

催眠術。私はそんなものちっとも信じていませんでした

だいたい半睡状態の人間が意のままに操られるなんてどこのエロ漫画。小学生でもそんなの信じないでしょうよ

なんだったらMrマリックのハンドパワーのほうがよっぽど信憑性があると思うよ

もちろん嘘ですけど

と思っていましたが催眠術はありまあす

本当です。断言します。だってユーチューブの催眠術動画を見てたらかかったもん

 

驚くべきことにモロに暗示にかかってしまいました。生まれて初めての体験

 

動画は南裕というおじさん術者が視聴者に向けて『手が開かなくなる』暗示をかけるというもの

彼の指示に従っていたら、悔しいかな、見事に手が開かなくなっちゃいました

握り込んだ右手がどうやっても開かない

 

びっくりですよ。自分の意思で手が開かないなんてことが本当にあるんですね

いやあテンション上がりました

催眠術にかかるコツを説明します

私が使用した動画はグーグルで『催眠術』と検索したらトップに出てきた動画です

手が開かなくなる催眠術 - YouTube

この動画に登場する催眠術師の言うこと聞けば一発ですよ

 

とはいえ、ただ見てるだけじゃかかりません

 

私は催眠術を受けるうえでこれだけは意識しようと決めていたことがありました

それは術に対して懐疑的にならないことです

 

気合です

 

気合をいれて本気で催眠術を信じること。1ミリも疑っちゃダメ、気合とやる気と集中力を総動員して一切の曇りなく催眠術師の言うことを信用するのです

『催眠術は思い込みで作用する』ずっと前に何かの本で読んだ覚えがありました

 

するとあっさり成功ですよ

 

『催眠術なんてあるわけないじゃん……』と少しでも疑うとすぐに暗示が解けます

 

それでもかからない人は徳が足りてませんね。私のようにボランティアでもして善行を積んでください

 

成功した人は誰かを殴りに行きましょう

 

実際にかかった時の心境を考察してみる

何度も催眠術にかかってわかったことがあります

 

さきほど私は『催眠術にかかると自分の意思で手が開けなくて驚いた』と書いたのですが

 

厳密にいうと違いますね

 

手は開こうと思えば開きます。それなのに私は『開けない』と思い込んでしまっている状態でした

これはどういうことかというと、

 

……どういうことなんでしょうね。よくわからんです

 

変ですよね。開こうと思えば開けることがわかっているなら、『開けない』と思い込めるわけがない。矛盾してます。でもそうなんです

 

この矛盾が均衡してる状態であれば暗示は解けません。しかし雑念が混じって思考のバランスが偏るとたちまち解けてしまう

 

大事なのは思い込む力、自己暗示力とでもいいましょうか。これをいかに保てるか

 

ユーチューブには他にも催眠術動画がありました。それらを片っ端から試してみたけど、どの動画を観ても暗示にかかることができました

自己暗示力が強ければ術者の技量は関係ないかもしれません

 

……あれ、でもそれだったら催眠術自体いらないんじゃ……

そもそも自己暗示力は自分で意識して思い込むわけだから。これもある種の催眠術では……

自分に催眠術をかけているのと同じ状況ですよね?

 

うーん、なんだか訳がわからなくなってきましたよ

まあいいや

 

余談ですが相手の同意なく、催眠術によって意識混沌とした状態にすることは法律で禁止されています。酒や薬と同じ扱いで傷害罪を適用されるので気をつけましょう

でも催眠術にかかったからといって……

f:id:imbroke:20191013002104j:plain

何の役にも立たないですね。『手が開かない』とか『金縛りみたいに身体が動かない』とか、だからなんだっていう話ですよ

金縛り状態になった時は両脚がまったく動かなくて本気で焦りましたけど

 

いくら気合と集中力で自己暗示を高めても用途がなさ過ぎです

 

うーん何か応用できればいいけど

 

そこでふと思い出す

 

皆さんは女王様とマゾ奴隷の関係をご存じですか?

……ご存じなわけないですね、すみません

 

マゾ奴隷というのは誰に対してもマゾヒストを発揮するわけじゃないのです。彼らの関係には相性の良し悪しがあり、悪い人に叩かれると普通に辛そうです

 

つまり女王様とマゾ奴隷の関係というのは繊細な相性と信頼関係があってこそ成立するもの

そのため女王様とマゾ奴隷は固定されたペアが多いです

 

ところが例外もあるようで

 

去年私はいつものSMクラブでフリーランスのマゾ奴隷を名乗る人物に会ったことがあります。もう50歳を超えたおじさんです

その人は自慢げに「俺はどんな女王様でも盛り上げてプレイできるぜ」と豪語しました。それが自慢できる能力なのかわからなかった私は曖昧に笑うだけ

 

つまり彼は汎用型マゾ奴隷。別名尻軽

 

マゾ奴隷の世界にもフリーランスなんて言葉があるのを初めて知りました。なんだか恰好良さげだけど、ただの変態ですからね

 

フリーマゾが言うには「俺の特技は誰にでも愛情を注いで仕えることができる」ことらしい。

普通のマゾ奴隷は相性があるけど彼は役者になりきってどんな女王様であっても気分よくプレイさせ、なおかつ自分の欲求も解消できる、たしかそんな話をしてたと思う

 

その時はおっさんの気色の悪い自慢話に辟易したものです

 

しかし、今なら理解できる

 

フリーマゾのやったことは一種の自己暗示ですよね。どんなキャラの女王様であっても愛せるように自己暗示をかけた……

 

つまり私にもフリーランスのマゾ奴隷になれる資質がある……

 

いや、ならんけど

 

……

 

関東は台風で大変なのに、私の夜はそうやって更けていったのでした

おわり

ブログランキング・にほんブログ村へ