ダメラボ

ダメなおっさんが色々と妄想していますよ

コンビニから成人誌が撤去されたけどコンビニ成人誌は18禁じゃないよって話:類似図書って何? 有害図書とは?

スポンサーリンク

f:id:imbroke:20190923130407j:plain

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートは先月の8月末をもって成人誌の販売を中止しました。(ミニストップは2017年の12月から中止してる)

日本のコンビニ、成人向け雑誌の販売中止へ - BBCニュース

 

理由は『東京オリンピックを控えて、外国人観光客のイメージ低下を防ぐ』、『未成年や女性への影響を配慮した』などと言われています

 

実際はそんなに売れてないから中止しただけというのが本音みたいですが

今どきエロスなんてネットでお手軽ホイホイですからね。これからもエロ本の需要は萎んでいくでしょう

 

そんなわけでマスコミ各社は『コンビニから成人向け雑誌が撤去された』とこぞって報道しました。ネットを調べても

f:id:imbroke:20190923025943j:plain

 

大手マスコミが成人向け雑誌、成人誌と表記してます

 

SNSを検索すれば多くの人がこのニュースを歓迎していました

 

『やっとかよ、だいたい今まで子供も利用するコンビニに18禁本を堂々と並べてたのが頭おかしい』

『有害図書を誰もが利用するコンビニで売るなんて日本の恥だ、これで安心してコンビニを利用できる』

とか

皆さん汚物のように成人誌を忌み嫌ってらっしゃる。成人誌可哀想。意外にも叩いてる人は男性が多い

 

彼らの言うことはわからんでもないです。ようするに子供や女性から見えないように売り場を完全に隔離しろと言ってるわけです。レンタルビデオ店のアダルトコーナーのように

売り場面積の狭いコンビニがたかが成人誌の為にそんなこと出来る訳ないので、実質売るなと言ってるのと同義なわけですが

 

 皆さんはコンビニの『成人誌』をちゃんと見たことありますか?

 

コンビニの成人誌を叩いてる人はいわゆる有害図書とごっちゃにしてる気がしました。見た目がエロいので勘違いされやすいですがちょっと違います

 

今日はそのあたりの微妙な違いをまとめてみようと思います

 

一応言っときます。私はエロいことは好きですが、今日の記事は心清きエロ排斥派を叩くための記事じゃありません

またエロ本の定義を議論するつもりもありません。コンビニの成人誌をエロ本じゃないとか言いはるつもりもないです

 

あくまで知っておくと楽しい豆知識みたいなものだと思ってください

 

実はコンビニの成人誌は18禁じゃない

皆さんはコンビニの成人向けコーナーに並ぶ雑誌を見たことがありますか?

 

表紙を見るといかにもエッチな感じがしますよね。ここには書けないようなお下劣ワードが満載

休刊しちゃいましたが定番だと『ザ・ベスト』でしょうか

コンビニ成人誌は表紙に文字が書き込まれ過ぎてタイトルがわかりにくい雑誌が多いです

これには理由があって、中身が読めないように綴じているので、一時期のラノベみたいに表紙にゴチャゴチャ書いて内容をアピールしているからです。やり過ぎた雑誌はエヴァンゲリオンみたいになってますからね

 

どの雑誌も表紙に女性の下着姿、あるいは服を着てるとしても際どいポーズでじつに扇情的

内容は普通に女の人のヌードが掲載されてます。エロDVDが付録になってる雑誌もある。凄いのだと下着がオマケで付いてます

 

そういう雑誌は店頭で読めないように青いテープで封をしてあるのが特徴です

 

どこからどう見てもエロ本です。っていうかエロ本です

 

しかしどの雑誌を見ても18禁マークがついていません。あら不思議

 

つまり極論すれば未成年でも買えます。実際は店員に阻まれるでしょうけど

 

日本で合法的に売られているエロ本は3つに分類されています

  • 指定図書 地方自治体によって青少年の健全育成を阻害すると判断され、指定された本。自治体によって指定される本は違う

 

  • 表示図書 出版社が自主規制で18禁マークをつけた本

 

  • 類似図書 コンビニ業界(日本フランチャイズチェーン協会)のガイドラインによって自主規制された本。棚を別にして青いシールで留めるなど配慮されている。ちなみにこれらの雑誌は18歳以上の購入が推奨されている

 

コンビニでは元々18禁の本(有害図書)は販売してません。並べているのは類似図書だけです

類似図書は18歳以上が“推奨”なので年齢制限による強制力はありません

 

指定図書と表示図書は2つ合わせて有害図書(東京都は不健全図書)に分類されます

有害図書は一般書籍とは別にして専用のコーナーで決められた配置で販売しなければなりません。(規則は都道府県によって違う)

もちろん未成年が購入することはできません

有害図書は本だけじゃなくゲームソフトも対象に含まれます

 

指定図書というのは「18禁マークはついてないけどこれはダメなんじゃね」と自治体が独自に判断した本です。

たまに「えっ!? それがダメなの?」と困惑するようなそんなにエロくない本が指定されることがあります(例えばジャンプで連載されていた電影少女の第3巻。山口県で指定されている)

 

少年誌の漫画だろうが自治体が指定したら有害図書の仲間入り。こうなったら18禁本と同じ扱いです。一般書籍の棚に並べて売ることはできません

 

個人的には馬鹿じゃないのと思ってます

有害指定を安易に実行したら、指定図書というシステムそのもの信用性が疑われてしまうわけです。先の山口県がそこまで考えて、あるいは覚悟をもって指定したとはとても思えません

ちょっとエロければ『はい18禁』なんて仕事なら子供でもできます

 

コンビニエロ本は18禁エロ本に比べてちょっと配慮してる

f:id:imbroke:20190923131144j:plain

コンビニのエロ本は表紙を見てもらうとわかりますが、ヌードがありません。女性の下着や水着姿はあってもヌードがない、大事なことだから2回言いました

 

つまりオッパイが見えない表紙ばかり

 

内容はスケベソムリエならばすぐ気づけるでしょう。微妙な配慮が感じとれます

局部の隠し方とか被写体の構図に仄かな健全さみたいなものを感じるのです。でもオッパイは見えるけどね

18禁のエロ本をエロエロエロだとすればコンビニエロ本はエロエロエって感じ

 

頭悪くてすみません

 

 つまりですね規則に則るならコンビニの成人誌は一般雑誌と並べて販売しても構わないんですよ

わざわざ棚を分けて成人向けのコーナーを作っているのはコンビニ側の自主規制です

だから『コンビニが条例に反してエロ本を専用コーナーを設けずに堂々と売ってる! けしからん』と叩くのは間違いです。有害図書じゃないので専用コーナーを設ける必要がないのです

 

見た目がエロいから間違えるのは仕方ないけど

なぜこんなことになっているのか?

エロの線引は難しいのです

中高年が大好きな週刊大衆や週刊プレイボーイはヘアヌードが載ってます。特に週刊大衆なんてエロ本と大差ないエッチな企画をやってます

でもコンビニでは成人向けコーナーに置かれていません。どこの本屋でも一般誌として販売されているはずです。未成年でも買えます

 

そういう雑誌って他にもありますよね

 

だったら全部18禁にすべき?

それともCEROやR指定みたいに細かい年齢制限で分ける?

線引きは?

全裸を掲載したら18禁? じゃあ漫画は? 少年誌の裸シーンも全て禁止?

 

そんなの嫌に決まってる

 

まとめ

 コンビニの成人誌が18禁本とごっちゃになるのは仕方がないといえます

『成人向け雑誌』『成人誌』と棚に表記されていれば誰でも勘違いしますからね。マスコミも“成人向け”と報道してたし

 

まあ、もうなくなっちゃいましたけど

 

しかしちょっと気になることが

 

コンビニから排除された成人誌は今後どういう扱いになるんでしょうかね?

18禁マークがないとはいえ書店で一般誌に混じって売られることはないでしょう。世間の目は厳しいですからね

そうなると18禁本と同じ扱いになるかもしれない。しかし過激度が低いのでたちまち売れなくなる気がする

 

ああ、元コンビニ成人誌の未来は暗い……

 おわり

www.imbroke-s.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ